長野県中小企業家同友会 | 中小企業の学びあいと実践の場

長野県中小企業家同友会

NAGANO Association of Small and Medium Enterprises

お知らせ

2016-02-24 (水)

勝手にご紹介!! 真田昌幸

勝手にご紹介!! 真田昌幸

真田 昌幸(さなだ まさゆき)⇒幸村のお父さん


大河ドラマでは 草刈正雄さんが演じられています。⇒かっこいい!!


真田昌幸は真田家の3男にあたり幼少のころ、武田家(信玄の母系)の武藤家に養子で入りました
このこは武藤喜兵衛尉と名乗っています。


昌幸は兄二人が長篠の戦い(織田・徳川連合対武田勝頼)で討ち死にし、勝頼から許され真田家に復して家督を相続しました。
長篠ノ戦いで武田家は滅亡しその後、主を失った真田は、織田家につかますが、直ぐに「本能寺の変」があり織田家は滅亡にいたります。


群雄割拠の中、、徳川氏と北条氏が甲信を巡って対陣し、天正壬午の乱の和議では、上野を北条領とし、真田氏支配の沼田城周辺も北条に割譲するが、徳川はその代替地を用意することが定められた。しかし昌幸はこれを拒否したため徳川軍7千の攻撃を受けるが、昌幸は2千余人の城兵で上田城を守りきった(第一次上田合戦)。これで真田氏は独立した大名として認められることになる。


最終的に昌幸は上杉景勝を通じて豊臣秀吉の臣下に入り、秀吉の命で徳川家康と和解する。そして徳川氏の与力大名となったことから、嫡男・信幸と本多忠勝の娘で家康の養女となった小松姫との婚姻が成った。これらの過程で真田宗家は、名目上は徳川氏の与力大名だが実際は豊臣の家臣である昌幸と次男・信繁(上田城)と、名目上は昌幸の所領の一部を収める領主だが実際は徳川の与力大名である長男・信幸(沼田城)の2家体制となる。


時代を見極め、生来の土地を守り切った。小さくとも知恵と戦略、強い信念で家を守った真田家。地元長野の武将であることが、とても嬉し今日この頃です。


ueda


 

Page Top